ロングコートチワワのアトム(三歳)とれおん(二歳)とsuzu夫婦の生活--


by atomama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

悲しい事件

ここには書かないつもりでした。
でもやっぱり書く事にします。

先月、私の住む街で母子殺害事件がありました。
報道の内容は
「○○容疑者が自宅で妻と8歳の子供を絞殺。
 この容疑者には多額の借金があり、無理心中を図ったものの本人は死にきれず自首」
という内容でした。
この容疑者は私達夫婦の身近な人間です。

彼は大人しくて真面目な人。
仕事も黙々とこなすタイプの人です。
自分では何の贅沢もせず、身なりも少しみすぼらしい感じさえしていました。

そんな彼がナゼ多額の借金に追われたのでしょう。
実は亡くなった奥さんが高価なバックや洋服を買い漁った為に出来た借金なのです。
ある会社にパートに行くようになり、周りの人の影響で金遣いがどんどん派手になって行ったそうです。
彼女のお父さんは公務員でしたが定年退職直後でしたから相談すれば助けて貰えたはずです。
でも自分で作ってしまった借金なので言えなかったのでしょう。
当然、容疑者となってしまった彼も嫁の親には言えないです。

奥さんに手をかけてから子供に手をかけるまで時間差があったそうです。
そうとう悩んだのでしょう。
でも、もし子供だけを残しても殺人者の子供として生きていく。
それは可哀想だと思ったのでしょう。

私達が見てきた彼等夫婦は、奥さんの彼に対する愛情がかけらも感じられなかった。
警察も彼に対して同情してくれています。

でも、彼は間違いなく殺人者になってしまった。
その事実は消えません。
これから裁判になり間違いなく刑務所に行く事になるでしょう。

ただ私達は思っています。
 「彼は、奥さんに殺人者にされてしまった」と・・・

この事件の前にも、主人の部下がくも膜下出血で急逝されたばかりだったので私もショックが大きく、ここもお休みする事にしたのです。

でもそろそろ再開します。
コメント下さる皆さん、覗いて下さる皆さん、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by atomama | 2006-10-08 23:52 | by かーちゃん