ロングコートチワワのアトム(三歳)とれおん(二歳)とsuzu夫婦の生活--


by atomama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シャングリラⅢの旅~二日目夜の部

昼の部が終わって大急ぎで会場を後にする。
混み合う五輪橋をなんとか通り抜け原宿駅から山手線で品川へ。

ホテルに戻った時点でまだ微妙に時間がある。
この時点で汗だくだった自分。
シャワーしたいけど化粧落としてシャンプーもしたら髪を乾かして化粧をし直す時間は無い・・・
仕方がないので髪をまとめてタオルでくるみ首から下だけシャワーしました(笑)
はぁ~、少しサッパリした。
簡単に化粧直しして(どうせ、すぐに汗で崩れるんだし)髪を整えて服を着替えてホテルを出たのが18時10分くらい。
昔は開演時間一時間前には会場前にいたのにね~。
ここ最近は、どのコンサートでもこんな感じでバタバタしてます。

さすがに今度は原宿駅で下車。
会場に着いたのは18時30分過ぎ。
a0065741_22383997.jpg

でも開場が30分押してました。
夜の部はアリーナ席。
会場に入って席を確認すると最後列、しかも通路横。
ある意味ラッキー!
だって後ろを気にする事無く好きなときに立てるんだもん。
昼の部はスタンドって事もあったし後ろに子供がいたので一度も立てなかったし。

開演は25分ほど押しました。
そりゃそうでしょう、昼の部との時間が少なすぎだと思ってたもん。

そしてステージが始まると私は案の定、最初から最後までほぼ立ってました。
ステージは遠かったけど前の人の頭で見えないのに立てなくてイライラするよりずっと良い。
夢の世界は瞬く間に過ぎて行きます。

通常のアンコールが終わると全体の一割くらいのお客さんが帰り始めました。
でもこの日は最終公演の前の公演。
絶対にダブルアンコールがあるはず。
それを期待する人たちから手拍子が湧き起こります。
私も思わず「ユ~ミ~ン!!!」と二度ほど叫びました。

そしてユーミンとヴィルジニー・デデューが肩を組んでステージ上に登場。
ステージをほぼ一週してステージ中央に立ち武田美保さんを迎えます。
三人がステージ上で抱き合う姿に思わず目頭が熱くなりました。
そして出演者全員がステージ上に。
全員でステージ上に大きな輪を作るように立ち客席に手を振り続けます。
長かったツアーの終盤、しかも一日二回公演で皆さん疲れ切っているはずです。
でも、全員が素敵な笑顔で手を振り続けます。
やっぱり無理をして来て良かった。
このステージを見届ける事が出来て良かった。
そして全員がステージを降り客席もそれ以上を求めず出口に向かいます。

今回のセットリスト。
a0065741_22581746.jpg

メジャーな曲は「真夏の夜の夢」くらいですね。

帰りは渋谷まで歩いて品川に戻りました。
ホテルに着いたのは23時過ぎ。
こうなると予想してたので昼公演後、ホテルに戻るとき夕食兼夜食におにぎり二個と焼き鳥と缶酎ハイを買っておいたんです。
オヤジだよね~(笑)
いいの、焼き鳥が食べたい気分だったんだから。

ま、そんな感じで二日目の夜は更けて行きました。
[PR]
by atomama | 2007-09-24 00:10 | by れおん